2017/10/10

先週の金曜日(6日初日)から、新橋演舞場で始まったスーパー歌舞伎セコンド「ワンピース」(11/ 25日千秋楽予定)に出演中の市川猿之助丈が、カーテンコール中にアクシデントに遭遇し、左腕の骨折という怪我で救急搬送された、というニュースが流れました。

すっぽん、と呼ばれる、舞台下手の花道に入ってすぐのところにある、花道下から登場または退場する出入り口。ここで、退場するために地下へ下がっていった猿之助さんの衣装が機械に挟まり、左腕の骨が外に出る「開放骨折」という重傷を負ったということです。

骨折、って私は未経験ですが、折れた骨が、皮膚を破って外に飛び出す、なんてきっと激痛でしょう[E:bearing] !!しかも、ロングランの舞台の開始4日目の事故[E:sweat01][E:sweat01]。

マスコミを通じて気丈なコメントが出ていますが、本人はもとより、舞台に出演の歌舞伎役者さんや関係者、大わらわでしょう。若手がこの難局を乗り切ることになるそうです。

猿之助さん、1975年11月生まれの41歳。
世に言う「厄年」の 後厄のようです。
本人の不注意ではないとは思うけれど、不運なアクシデントってあります。
[E:hospital]
この報道のあった日の夜10時、NHK総合テレビで内村光良(ウッチャン)主演の「LIFE」にゲスト出演の猿之助さんが、ウッチャンと2人、結構本格的な舞台と衣装で歌舞伎のエッセンス的な舞を披露していました(2人で宙乗りも[E:happy01])
オンエアの日にこんな出来事・・・でも、人生ってそんなところもありますよね。

怪我の治療に専念して、きちんと治し、その上で一日も早く元気に復活してほしいです。
Img_4704
先週(4日)の夜の十五夜。微妙な感じ。
けれども、その2日後の6(金)の満月は、雨で見られませんでした。