2018/01/23

Img_5542

1月22日、数年ぶりに大雪となりました。
昼頃から降雪という予報でしたが、私自身は当初の予定通り、午前中は歯科医院での定期検診、午後は美容院、と外出したのでした。
歯科医院から戻る頃には、すでに小雪がチラつく空模様。
ささっと昼食を済ませ、自転車では無理そうなので徒歩とバスで美容院へ。
美容院では午前中は混んでいたそうですが、午後は私の貸切状態[E:happy01]
帰宅すると、留守番していた猫がベランダで遊びたそうだったので出してあげると、降雪初体験の猫は、結構喜んでいました。(雪やコンコン=猫はコタツで丸くなる、の歌、あの歌詞は必ずしも本当ではありません)
翌日は、朝から雪掻き、近隣の4軒の主婦達が一同に顔を合わせることなんてこんな日だけというものです。自然に協力体制が出来て、徐々に連携プレーになりました。雪掻きも結構な地域コミュニケーションツール、なんですね。
おしゃべりしていたら、大変、時間だ!。慌てて着替えて、待ち合わせ場所へ飛んで行きました。本日の、新年会ランチは、代官山にある、スプリング・バレー・ブルワリ(SPRING VALLEY BREWRY TOKYO) です。
その場でつくられたクラフトビールが楽しめる、がコンセプトのビアレストラン。
つくり手達の個性とこだわりが感じられる、多彩な6種類のビールがリーズナブル価格で楽しめます。後ほど写真掲載) 
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
(以下お店の説明)
1870年ウィリアム・コープランドによって横浜につくられた、日本初の商業的成功をおさめたビール醸造所、SPRING VALLEY BREWERY。
脈々と続く日本のビール文化の礎を築いたそのブルワリーの魂を引き継ぎ、これからの時代に向けた新たなビール文化を創造したい。そんな思いで、私たちは新たな挑戦をはじめました。SPRING VALLEY BREWERYは、キリンビールで技術を磨いたブリュワー達が、自分が本当につくりたいビールを、 考え、試し、つくり、皆さんのご意見を聞くことで、今までにない様々なビールの可能性を模索しています。(SVBのホームページより)
Img_5533 Img_5534
お店の入り口には、昨日の雪で作った雪だるま。
Img_5540
6種類のクラフトビール[E:#x1F37A]の飲み比べセットが、ランチタイムには¥1,000
個性的なラインナップでもあり、何と言っても「出来立てホヤホヤ」[E:beer]
ちなみに、写真右端の「496」はSVBのフラッグシップビール、その隣の「Copeland」は、キリンの一番搾りに似ているんだそうです。(最近、一番搾りを飲んでいないので、頷くことは出来ませんでしたが[E:sweat01])
そして、当然ながら、ビールと相性の良いメニューばかり!!。
3人で行ったので、ハンバーグ、パスタ(カニクリームのフィットチーネ)、牛タンの煮込み、をチョイスして、3人でシェアしました(こういう食べ方がさらに満足度アップであります[E:happy01]
これに、パンと食後の飲み物(コーヒー、紅茶、ハーブティから選択)がついて、お一人様あたり、税込み¥2266 でした。ランチってお得〜〜[E:heart]
Img_5541 Img_5535
ランチを堪能して、お天気良いので(足元はまだ雪が残っていましたが)渋谷まで徒歩。
国道246号線の上を首都高速4号線が走っているのですが、高速道路は乗り入れをストップしているようで、シーンとしてました。珍しい光景を見ました。