2019/05/02

 友人が2枚チケットあるのでいかが?と誘ってくれた美術展に行く。

場所は渋谷。Bunkamura ザ・ミュージアム 

バレルのコレクションというサブタイトルですが、このバレル氏という人は「海運王」と称された大富豪です。

産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたスコットランド・グラスゴー出身。若くして家業の海運業を手伝い、のちに船舶の売買で大成功します。 そしてそこからが素晴らしい!!。少年の頃から美術品に関心を持っていた彼は、画商と懇意になりグラスゴーで活躍した画家の作品をはじめ、古今東西の美術工芸品なども意欲的に収集します。それら何千点もの作品をグラスゴー市に寄付し、美術館「バレル・コレクション」となるわけです。美術館建設には時間と費用をかけますが、2つ条件をつけました「大気汚染の影響が少ない郊外に造る」「コレクションを国外に持ち出し禁止」・・・・今回の美術園は、グラスゴーにあるバレルの美術館が改装になるため、特別例外扱い?として実現したのだそうです。

 才能あるビジネスマンが激務から解放された1日の終わりに眺めて癒されたい、と集められた絵画は、わかりやすく、柔らかく、親密で味わい深い作品がほとんどで、私のような美術オンチでも「素敵〜[E:#x1F495]」と絵画鑑賞に浸れる絵画ばかりでした。パンフレットには「静謐(せいひつ)を味わう」とか「芳醇なスコッチ・ウィスキーを思わせるような」などという表現が並んでいましたが、確かに派手さはないけれど、とても品が良いな〜という印象の作品(及び画家)たちでした。

ロビーラウンジでは、コラボレーション企画ということで「スコティッシュプレート」(税込¥1600を入場券半券提示で200円オフ)

 

 

eec40b30.jpg

*スコットランドで愛されるワンプレート形式で、定番のスコッチエッグをアレンジしたもの。(タルト生地に和牛のミートソース=チーズを乗せて焼き上げられてた、白インゲン豆をトマトソースで煮たベイクドビーンズ、マッシュルームのマリネ 他)

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村