2022/12/19
27FB88A6-F7E0-4B83-9460-90E4EC8531BD

 今日は、健康診断の胃部内視鏡検査の日 (10時予約)にもかかわらず、午前零時からのワールドカップカタール大会🇶🇦決勝戦を観てしまいました。
対戦するのは、共に3回目の優勝を目指すアルゼンチン🇦🇷とフランス🇫🇷
アルゼンチンは、2年前に他界したマラドーナがキャプテンだった時以来の36年ぶり、かたやフランスは連覇がかかるという背景に加え、5大会連続出場でW杯チャンピオン以外の全ての賞はゲットしている背番号10、キャプテン:メッシ(35歳、最後のW杯?)、 それと対照的に若きエースのエムバペ(こちらも10番)の対決という見どころ満載の試合。
想像以上の「大熱戦」でありました。 
前半戦にメッシがPKで得点し、その後再びアルゼンチンがディマリアの文句なしのシュートで 追加点を挙げて2−0で折り返す。アルゼンチンが隙のない守備でフランスはシュートすら打てないまま後半の30分を過ぎた。試合はこのまま終わるのだろう、とベッドに戻る頃合いを測っていたら…フランスのPKでエムバペが1点を取り返してからの快進撃‼︎、その後1分ぐらいの間に彼が豪快ボレーシュートで同点に追いついてしまった👀。びっくり‼️。
フランスの勢いが止まらない、がアルゼンチンも必死で2ー2のまま延長戦突入。
延長戦でも、メッシ(こぼれ玉を押し込む)とエムバペ(PK)がそれぞれ1得点で3-3。
120分で決着つかず、決勝戦までがPKになりました。
PKを征したのはアルゼンチン
紙一重の差ですが、勝利を逃したフランスはガックリ_| ̄|○
観客席に応援で訪れていたマクロン大統領が試合後にピッチまで降りて来てエムバペを慰めていましたが、彼の表情は表情が硬いまま。
勝敗という決着をつけなければならないスポーツはこの点本当にシビアです。
ここでお金の話しというのも「身も蓋もない」感じですが、優勝と準優勝では、FIFAからの賞金金額が全然違うそうで、アルゼンチンが59億円、なのに準優勝のフランスはそれよりも17億円も少ないそうです。
ちなみに日本の獲得金額は18億円、よく頑張りました‼︎と言ってあげたいです。

緊張感もプレッシャーも半端なかっただろう選手達に拍手👏です。ー
世界最大と言われるスポーツの大会、今回は全試合放映するAbemaも利用して、にわかファンの私は存分に楽しませてもらいました。

寝不足気味で行った内視鏡検査(経鼻)、なんとかクリアです。
帰り道、電車内で目がショボショボして、帰宅後は、温かいうどんを食べて五郎丸とベッドで昼寝をたっぷり、でした。

写真は、検査を受けたクリニックで点鼻薬麻酔を施された後、横になる仕切りベッドが窓際だったので、スマホで撮りました。師走の東京、お天気良いと街の空気が澄んでて綺麗です。

1B3FE9DD-0F12-48B0-82A8-921BE00B9901

 7DF3D477-825C-4FDC-8CC6-72FCB9EE5349